テクニシャンよ♪ 熱演! 知り合いでんねん♪

皮肉な事に店を閉めてから、京橋の商店街で“JAZZの生演奏を♪”という企画が始まりました。



ココまでは1/25までのお話・・・

ところがLIVE当日、重大発表がありました。
もう過去のお話・・・あれから月日は流れ、これから先はベロニカにて毎週木曜日のLIVEを任されたらしいのです。
つまり、加奥氏がエエと思う(お気に入りの)ミュージシャンを呼べる訳です。
コレって凄い事ちゃいまんの??
但し、場所がら様々な制約が発生するでしょうが、そこは我等が加奥氏を信じて、その内、ドエライミュージシャンを
呼んでくれるでしょう!!
この日は歌伴ということで本来のブローは封印していましたが、1曲目のみ披露してくれました♪
なんとDon Pullen の Song From The Old Country

タマンねぇッス

ホンマにおおきにでしたー!!


過去の物語〜加奥氏との出会い〜

当時私は高槻市内の病院で“囚人生活”を強いられていて、ほんのわずかな息抜きに“JAZZ”を楽しむ事を神様が許してくれたみたいで、加奥氏と知り合う事になる訳です。(それまでの人生の罰が下されたと確信している;^_^A )
これがまた“高槻”という街は“JAZZ”が盛んなとこで、毎年5月には“JAZZ STREET”という大きなイベントをやってるんです。
で、その時に“JK Cafe”で彼の演奏を聴いて、一目惚れですわ〜〜! 元々私は“ゴリゴリ系”の分厚い音色のSAXが好きなんで、「うわぁ〜エエがな〜こんな方に、地元で演奏してもうたらエエやろなぁ〜」なんて思いましてね。早速その旨を伝えたら、二つ返事で引き受けて下さり、私としても“ドエライ土産”を持って京橋に帰ってこれたんですわ。
それからというもの、精力的に動いてくださり、どんどん“お仲間”を紹介していただいています。本当に感謝しております♪
やはりつくづく思ったのが、ミュージシャンの皆さんは仲間がヨウケェいてはるみたいで、一人と知り合えば、芋づる式ですな ♪




怪しい魅力のSAYAさん♪
京都『Candy』 うちのお客さんでしてん
我等が加奥氏♪ 自ら作曲『京橋』は傑作♪ 京すしの社長は元気なんだろうか?
臨場感抜群♪ コチラの藤井氏も最高 京橋商店街『魚菜』の大将

♪┌| ∵|┘└| ∵|┐┌| ∵|┘└| ∵|┐┌| ∵|┘└| ∵|┐♪

※実はこれらの写真は管理人の撮影ではございません(>_<) 自ら撮影した写真もあったんですが、見事に全て失ってしまったらしいっす・・・面目ないっす。加奥氏に今回の趣旨を説明して送っていただいたモノばかりです。悪しからず・・・

商店街でのLIVEはもちろんですが、京都は祇園というハイカラなロケーションの『CANDY』は一度だけお邪魔したけど、コジンンマリしていて臨場感は抜群やね♪ 目の前で観れまっせ。その途中にある『一銭洋食』は最高に旨かったな。また店内のあちこちに怪しいマネキン人形が置いてあるんやが、これが何とも言えん雰囲気を醸し出しとるね・・・笑けるよ♪